「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」について解説

スポンサーリンク
「意思決定支援を踏まえた後見事務のガイドライン」について解説 社会資源

この記事はこんな人の役に立ちます

認知症などで、意思決定が自分でできない人に対しては家族の意向が中心になっている。
それではダメな事は分かっているけど、どのようにすればいいのか分からなくて困っている。
ケアマネジャーとして一番大事な事、それは
「本人の意思決定を最大限尊重し、本人の意向を反映したケアプランを作る事」
しかし現実はどうでしょう?僕も含めてですが、本人の意向をちゃんと尊重し、ケアプランを作っていると胸を張って言えるケアマネは少ないのではないでしょうか?
その最大の理由が
高齢で認知症等により、自分で意思決定できなくなった人に対してどう支援していいか分からない
これです。だからこそ一番手軽なキーパーソンである家族に尋ねて、本人の代わりに決めてもらう。
その結果、本人ではなく家族の意向100%のプランの出来上がり。
しかし、そんな状況が良いわけありません。でもどうしていいか分からない。
そんな状況を変える為の参考になりそうなガイドラインが2020年に作られました。それがコチラ
このガイドライン(以下「意思決定ガイドライン」)は本人の意思決定のサポートの仕方が分からないケアマネにも大変参考になる内容になっています。しかし内容がなかなか分かり辛いものになっています。
そこでこの記事では、このガイドラインについて重要なポイントをギュッとまとめて解説していきます。

意思決定ガイドラインの基本的な考え方

意思決定ガイドラインの基本的な考え方

まずは意思決定ガイドラインの基本的な考え方がコチラです。
①意思決定支援は後見人等が単独で行うものではなくチームで行うという前提に立っていること
②後見人の役割はチーム編成やチーム機能のチェック等が主であり常に後見人が意思決定支援の主導的・中心的立場にあるわけではないこと
③何人であっても意思決定能力は「ある」という前提に立っており、結果的に意思確認ができない場合でもそれは本人の能力の限界というよりは、意思を引き出す支援者(後見人等の含まれる)側の限界ととらえていること
④代行決定は本人の意思がどうしても引き出せずまた意思推定すらできない場合の最後の手段であること
⑤代行決定を行う場面でも本人にとっての利益を最大限に考えること
※福祉職だけでなく、法律の専門家など、多様な専門職による連携
これでもちょっと分かりにくいですよね。端的に表現すればこうです。
・本人の意思決定はチームでサポートする
・本人の意思決定の支援は、本人に決定する能力がある前提で行う
・本人以外の第三者による代行決定は最終手段
これまではケアマネがアセスメントして、本人に意思決定できるかどうか判断。難しい場合は家族へ相談したり、成年後見制度などの社会資源に繋ぐなどのサポートを行っていました。
しかしこのガイドラインでは、このようなやり方は明確に否定されています。
「意思決定ができない場合は、法律の専門職も含めたチームでサポートする」
これが新しい考え方です。これまでのように安易に第3者に代行決定を依頼するのではなく、本人が自らの意思で自分の事を自分で決められる事を最大限サポートする。
それがこのガイドラインで示されました。

5つのアセスメントシートを使って、本人の意思決定をサポートする

5つのアセスメントシートを使って、本人の意思決定をサポートする

そうは言っても、具体的にどうやってサポートするの?

 

意思決定をチームでサポートする事は分かっても、その具体的なやり方が分からなければ実行できません。

 

そこでこのガイドラインでは、本人の意思決定をより具体的な中身に落とし込む為のツールとして、独自のアセスメントシートが提供されています。それがコチラです。

【様式1】個別課題発生時における意思決定支援のためのアセスメントシート

【様式2】個別課題発生時における意思決定能力のアセスメントシート

【様式3】意思推定に基づく代行決定に関するアセスメントシート

【様式4】本人にとって見過ごすことができない重大な影響に関するアセスメントシート

【様式5】本人にとっての最善の利益に基づく代行決定に関するアセスメントシート

これらのアセスメントシートを使う事で、このような意思決定の為に必要な具体的な中身が明確になってきます。

・どのような環境条件であれば、本人が安心して意思決定が可能になるのか?
・支援チームメンバーのそれぞれ担当する役割
・本人の具体的な意向や希望
・本人が可能な事と、サポートを必要とする事の整理
・第3者が代行決定する場合、選択肢のメリット・デメリットをチームで共有できる
このアセスメントシートですが、本人の意思決定をサポートするのに必要な内容がつまっています。
普段自分達が使っているアセスメントシートをバージンアップさせるのにも、参考資料としても使えそうです。

ケアマネとして何をしていく必要があるのか?

ケアマネとして何をしていく必要があるのか?

意思決定ガイドラインを読み込みんだ後、ケアマネとしてどのように支援に生かしていけば良いのでしょうか?

僕は以下のような事からまず取り組む必要があると考えました。

・本人の事は本人が自分で決めるという、原点に立ち返る
・本人だけでは十分に意思決定できない場合、どういった支援が必要なのか、アセスメントを深め、チームで検討していく
・本人が意思決定が難しく、第3者の代行決定になる場合も、安易に家族などに決めてもらうのではなく、本人の意思を丁寧に汲み取る努力を怠らない
僕はこの意思決定ガイドラインを読んだ後、今まで十分に本人の意思決定を支援できていなかったと深く反省しました。
高齢者は認知症などで、自分で十分に意思決定できない人が多いです。
そうでなくとも、精神的な廃用の進行等から「特にないです」「何でもいいです」のような意思表示しかできない人も多く、そのような場合は家族に代わりに本人の意向を確認して、それをケアプランに反映させることが多かったです。
その結果、振り返ってみると本人より家族の意向が反映されたケアプランの方が多くなってきました。
「一体誰の為のケアプランを自分は作っているんだ・・・」
忙しい事を理由に、意思決定が難しそうな人は安易な対応になっていました。しかしそれは本当の支援ではありません。
とは言え、現実的にいきなり大きく方法を変える事も難しいです。
まずは自分自身のマインドを変え、本人の意思決定をチームでサポートしていく。その大切さをチームのメンバー含めた周囲に伝えていく。そういったできる事から少しずつ始める必要があると思います。

まとめ

意思決定ガイドラインのポイント

・本人の意思決定はチームでサポートする
・本人の意思決定の支援は、本人に決定する能力がある前提で行う
・本人以外の第三者による代行決定は最終手段
・具体的なサポートについては、ガイドラインの5つのアセスメントシートを活用する
当たり前の事ですが、本人の事は本人が決める。
それが難しいなら福祉や法律の専門家を含めたチームでサポートする。
そんな当たり前の事を当たり前にやっていく。その為に必要な事が意思決定ガイドラインには書かれていました。
まずは内容を軽く読んでいただき、少しでもできそうなことから始める人が増える事を願っています。

「ケアマネになりたい、でも試験に全然受からん」

こんな人へ。大丈夫、ケアマネ試験は正しい勉強方法を知っていれば誰でも受かります

僕が試験に一発合格した時に使った方法を教えます
次こそ試験に合格して、周りの人達を見返してやりましょう。その方法をこのnoteに余すことなく書き上げましたので、試験に受かりたい人は読んでみてください

出版中のkindle本

「孤独になるのが怖い。でも人付き合いも苦手だしどうしていいか分からない」

こんな悩みを抱えている人へ。実は孤独は恐れる必要はない、むしろ夫婦や恋人、親友のような最高のパートナーにする事で今までの悩みが消え、これまでにないくらい人生を楽しむ為の1冊です

孤独死や一人ぼっちの老後など、孤独はネガティブなイメージが多いです。

しかし本当に人生を楽しむ為にはむしろ孤独と仲良くなる必要がある。孤独な時間を楽しむ事ができれば、無理な人付き合いをすることなく人生を楽しめる。その事実を一人でも多くの人に知ってほしい。

そんな思いで書いた4冊目の著書になります

多職種連携が苦手。人間関係を上手くまとめる事できないから、ケアマネ続ける自信が無い

こんなお悩みを抱えているケアマネさんへ。多職種連携を「心理学」という視点から上手くやる為の知識をまとめた本をkindleで作成しました。

ケアマネさんにとって多職種連携は絶対必須のスキル。なぜならこれができないと仕事にならないからです。でも、難しくて上手くできない。これが嫌で辞めていくケアマネさんも多いです。
本書はそんなケアマネさんの救いになればと思い書き上げた、3冊目の本になります。
この本の詳細については、こちらをご参照ください
医療連携が苦手なケアマネ向けにキンドル本も出版してます。

・主治医に連絡や相談するのが緊張してできない
・利用者が入院や退院した時に、病院の医療職との連携が苦手
・在宅の医療系サービスの上手な使い方が分からない
上記のような医療との連携に苦手意識や悩んでいるケアマネは多いです。
特に僕のような福祉系職種からケアマネになった人は、この「医療連携」の壁に必ずぶち当たります。
そんな医療連携で悩むケアマネの人を、一人でも減らし、ケアマネの仕事を自信をもってやってほしい!
そんな思いで本書を作り上げました。
かつては医療連携が苦手だった僕も現在はこんな感じです。
・ケアマネ歴10年以上(居宅の管理者も経験)
・従業員数1000人を超える大手医療法人グループで勤務
・毎日のように医師、看護師、リハビリスタッフと仕事を一緒にしている
・(全老健)リスクマネジャー
ケアマネとして長年の医療職との実際の連携の経験と、連携を上手くできるようにするためにたくさんの本や研修などから学んだ知識を1冊の本にまとめた自信作です。
アマゾンの電子書籍サービス「Kindle」での販売となります。

どんな内容の本か?もう少し詳しく分からないと買うかどうか決めれない

そんな人の為に、本の内容をより詳細にまとめた記事を書いたので興味がある方はまずはこちらを見てから検討してください

一般の方向けに「頑張りすぎない介護」をやってもらう為の本もkindleで作成しました

自分が倒れるまで頑張りすぎる人の助けになりたいと思い書き上げた、2作目の本になります。
この本の詳細についてはコチラをご参照ください
2冊とも、あの「GAFA」の一角、アマゾンが運営する電子書籍サービスkindleで購入する事ができます。

ちなみにKindle Unlimited(月額定額制の電子書籍読み放題サービス)を利用中の方であれば無料で読むこともできます。

Kindle Unlimitedご利用中の方は無料ですので是非ダウンロードして読んでみてください。

Kindle Unlimitedについて、より詳しく知りたい方はコチラをご参照ください

出版中のkindle本

「孤独になるのが怖い。でも人付き合いも苦手だしどうしていいか分からない」

こんな悩みを抱えている人へ。実は孤独は恐れる必要はない、むしろ夫婦や恋人、親友のような最高のパートナーにする事で今までの悩みが消え、これまでにないくらい人生を楽しむ為の1冊です

孤独死や一人ぼっちの老後など、孤独はネガティブなイメージが多いです。

しかし本当に人生を楽しむ為にはむしろ孤独と仲良くなる必要がある。孤独な時間を楽しむ事ができれば、無理な人付き合いをすることなく人生を楽しめる。その事実を一人でも多くの人に知ってほしい。

そんな思いで書いた4冊目の著書になります

多職種連携が苦手。人間関係を上手くまとめる事できないから、ケアマネ続ける自信が無い

こんなお悩みを抱えているケアマネさんへ。多職種連携を「心理学」という視点から上手くやる為の知識をまとめた本をkindleで作成しました。

ケアマネさんにとって多職種連携は絶対必須のスキル。なぜならこれができないと仕事にならないからです。でも、難しくて上手くできない。これが嫌で辞めていくケアマネさんも多いです。
本書はそんなケアマネさんの救いになればと思い書き上げた、3冊目の本になります。
この本の詳細については、こちらをご参照ください
医療連携が苦手なケアマネ向けにキンドル本も出版してます。

・主治医に連絡や相談するのが緊張してできない
・利用者が入院や退院した時に、病院の医療職との連携が苦手
・在宅の医療系サービスの上手な使い方が分からない
上記のような医療との連携に苦手意識や悩んでいるケアマネは多いです。
特に僕のような福祉系職種からケアマネになった人は、この「医療連携」の壁に必ずぶち当たります。
そんな医療連携で悩むケアマネの人を、一人でも減らし、ケアマネの仕事を自信をもってやってほしい!
そんな思いで本書を作り上げました。
かつては医療連携が苦手だった僕も現在はこんな感じです。
・ケアマネ歴10年以上(居宅の管理者も経験)
・従業員数1000人を超える大手医療法人グループで勤務
・毎日のように医師、看護師、リハビリスタッフと仕事を一緒にしている
・(全老健)リスクマネジャー
ケアマネとして長年の医療職との実際の連携の経験と、連携を上手くできるようにするためにたくさんの本や研修などから学んだ知識を1冊の本にまとめた自信作です。
アマゾンの電子書籍サービス「Kindle」での販売となります。

どんな内容の本か?もう少し詳しく分からないと買うかどうか決めれない

そんな人の為に、本の内容をより詳細にまとめた記事を書いたので興味がある方はまずはこちらを見てから検討してください

一般の方向けに「頑張りすぎない介護」をやってもらう為の本もkindleで作成しました

自分が倒れるまで頑張りすぎる人の助けになりたいと思い書き上げた、2作目の本になります。
この本の詳細についてはコチラをご参照ください
2冊とも、あの「GAFA」の一角、アマゾンが運営する電子書籍サービスkindleで購入する事ができます。

ちなみにKindle Unlimited(月額定額制の電子書籍読み放題サービス)を利用中の方であれば無料で読むこともできます。

Kindle Unlimitedご利用中の方は無料ですので是非ダウンロードして読んでみてください。

Kindle Unlimitedについて、より詳しく知りたい方はコチラをご参照ください

社会資源
スポンサーリンク
ケアマネサプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました