BPSD対応⑦「被害妄想」 実は大切な○○を失った事から起きている事が判明

スポンサーリンク
認知症ケア

認知症の症状といえば、一般的イメージが強いものの一つがこの「被害妄想」だと思います。

「物やお金が盗られた」「あの人が私の悪口を言っている」「夫(妻)が若い女と浮気している」等の訴えです。共通しているのはどれも自分が誰かから被害を受けたと訴えてくることです。

この症状が出てくると介助者が周囲から疑いの目を向けられたりして、それがストレスになり結果的に適切なケアができなくなってしまいます。今回はそんな被害妄想への対応方法について紹介します。

 

被害妄想が発生する原因

記憶障害

まず思いつく原因はこの記憶障害です。「財布がない。盗られた」と訴えたケースで、本人の頭の中でどのような思考が行われているのでしょうか。

Ⅰ:買い物などに行こうと思い、財布を探す

Ⅱ:財布を探すが、自分が思っていた場所に無く見つからない。(財布をしまった場所を忘れている)

Ⅲ:自分がしまった場所にないのだから、誰かが盗ったとしか考えられない

周囲から見れば「あなたがしまった場所を忘れているだけなのに、人が盗んだと訴えるなんてひどい」と思うかもしれません。しかし、認知症の人からすると自分が確かに保管していた場所に財布がない状況が発生していることになります。

皆さんも、普段自分が財布や通帳など大事な物を置く場所って決まっていますよね。そして、それが絶対に自分はいつもの場所に保管したはずなのにそれが無かったらどう思いますか?もし同居している家族がいたら「他の家族のものが、どこかに持っていったのでは・・・」と考えたりしませんか?これと同じ事が起きているということです。

周囲との関係の変化

記憶障害も被害妄想が起きる原因ですが、実はそれだけが原因ではありません。どちらかというと、この周囲との関係の変化のほうが影響が大きいです。

実は被害妄想が起きている人に共通していることがあります。それは

生活のなかで、自分の役割を失った

ということです。例えばですが

「嫁に殺される」と訴える。

(昔は嫁に家事や子育て、近所付き合いの方法等教えていたのに、今は家の事は全て嫁が仕切っていて、自分には何もする事がない)

・家に来て家事をしているヘルパーに「あの人が私の家に来る度に調味料や食材が無くなっている。絶対に勝手に持って帰っているんだ」と訴える

(昔料理が得意で、家族や友人に度々料理を振る舞っていた人が体が弱って自分で料理ができなくなった)

「夫が浮気している」と訴える

(昔は何かあったら夫は「母さん、これはどうしたらいい」と相談してきたのに最近は自分にはあまり関わらないようになり、息子夫婦等、他の人とばかり話している)

どうでしょうか。どれも訴えの背景には、本人が昔あった役割を損失しているというものがあります。役割を損失した状況で誰かの世話になるということは、世話を受ける側はどうしても

「お世話が必要な人」<「お世話をする人」

というふうに自分が下の立場になったと考えています。そして、かつては自分のほうが優位にあった立場が逆転していると感じているのです。その関係を変える為に起こしているアクションが

「自分が被害者、相手を加害者にして上下関係を逆転させる」

ということです。それが「被害妄想」の起きるメカニズムです。

人は経験の中から、トラブルが発生した後であれば被害者が加害者に対して圧倒的に優位な立場に立てることを理解しています。それは認知症になっても分かっています。しかし、誤解しないでいただきたいのは、認知症の人はこの事をきちんと理解して謀略的に悪意をもってやっているわけではないということです。ほとんど無意識で、感覚的にやっていることなのです。

このメカニズムが分かれば、どうして被害妄想の対象になるのが身近な人が多いか分かりますよね。それは無意識的にお世話を受けている自分と、お世話をしてくれる人との関係性を対等以上に保ちたいという、自然な自己防衛の表れだからです。

 

被害妄想を改善するには?

まずは、その人が生活のなかでどのような役割を失っているのかをアセスメントすることが大切です。そしてそれが分かった後、

本人が生活の中で、新たな役割を持てる機会を作る

これが大切です。以前の役割を取り戻せるのであれば良いでしょうが、失うプロセスがあったのだから、全く同じ役割を取り戻すことは多くの場合困難です。なので新しい役割を作ることが必要なのです。

・デイサービス等で、本人が昔得意だったことを教えてもらう(野菜の作り方、裁縫や手編み、料理等)

・ヘルパーがなんでもお世話をするのではなく、本人ができることは一緒に教えてもらいながらやっていくという体勢でケアをする

・自宅でも本人ができる役割がないか検討(お皿を洗う、テーブルを拭く、洗濯物を畳む、ペットの簡単な世話、孫と一緒に遊んでもらう、等)

・日頃から「いつもありがとうございます」「○○さんがいてくれて助かります」等、自分は他人から必要とされていると感じれる関わりを行う

 

被害妄想へ周囲が対応する時の注意点

①介助者が1人で抱え込まないようにする

被害妄想の対象にされた介助者のストレスは相当なものになります。そして在宅などの場合、周囲の人に誤解されたくないという思いから、困った状況を相談できなくなるケースが多いです。そしてどうにもできなくなった結果、虐待などの最悪なパターンになってしまうこともあります。

この場合、ケアマネには被害妄想が発生していると判断できる情報は集まりやすいです。まずは介助者と信頼関係をしっかり作り「私はあなたの味方だ」というメッセージを送り続けてください。そうやって、現状を正直に話してもらえるように努力する姿勢が必要です。

②一旦本人と介助者が距離を置くことも検討

被害妄想への対応が後手に回り長期化して、本人と介助者の関係性がかなり悪くなっている場合は、そもそも適切なケアをすることが困難です。その場合は精神科などの専門の医療機関や、レスパイトができるショートステイなどのサービスにつなげ、一旦冷静に現状と向き合える時間を作ることも必要です。

 

まとめ

被害妄想が発生するメカニズムは

役割を失い、介助者と逆転した上下関係を再び逆転させるために無意識に行っている

対応方法として、日々の生活の中で新しい役割を見つけ、自分が必要とされているという感覚を感じてもらう支援が効果的です。被害妄想への対応で困っている場合は是非参考にしてみてください

 

 

出版中のkindle本

「孤独になるのが怖い。でも人付き合いも苦手だしどうしていいか分からない」

こんな悩みを抱えている人へ。実は孤独は恐れる必要はない、むしろ夫婦や恋人、親友のような最高のパートナーにする事で今までの悩みが消え、これまでにないくらい人生を楽しむ為の1冊です

孤独死や一人ぼっちの老後など、孤独はネガティブなイメージが多いです。

しかし本当に人生を楽しむ為にはむしろ孤独と仲良くなる必要がある。孤独な時間を楽しむ事ができれば、無理な人付き合いをすることなく人生を楽しめる。その事実を一人でも多くの人に知ってほしい。

そんな思いで書いた4冊目の著書になります

多職種連携が苦手。人間関係を上手くまとめる事できないから、ケアマネ続ける自信が無い

こんなお悩みを抱えているケアマネさんへ。多職種連携を「心理学」という視点から上手くやる為の知識をまとめた本をkindleで作成しました。

ケアマネさんにとって多職種連携は絶対必須のスキル。なぜならこれができないと仕事にならないからです。でも、難しくて上手くできない。これが嫌で辞めていくケアマネさんも多いです。
本書はそんなケアマネさんの救いになればと思い書き上げた、3冊目の本になります。
この本の詳細については、こちらをご参照ください
医療連携が苦手なケアマネ向けにキンドル本も出版してます。

・主治医に連絡や相談するのが緊張してできない
・利用者が入院や退院した時に、病院の医療職との連携が苦手
・在宅の医療系サービスの上手な使い方が分からない
上記のような医療との連携に苦手意識や悩んでいるケアマネは多いです。
特に僕のような福祉系職種からケアマネになった人は、この「医療連携」の壁に必ずぶち当たります。
そんな医療連携で悩むケアマネの人を、一人でも減らし、ケアマネの仕事を自信をもってやってほしい!
そんな思いで本書を作り上げました。
かつては医療連携が苦手だった僕も現在はこんな感じです。
・ケアマネ歴10年以上(居宅の管理者も経験)
・従業員数1000人を超える大手医療法人グループで勤務
・毎日のように医師、看護師、リハビリスタッフと仕事を一緒にしている
・(全老健)リスクマネジャー
ケアマネとして長年の医療職との実際の連携の経験と、連携を上手くできるようにするためにたくさんの本や研修などから学んだ知識を1冊の本にまとめた自信作です。
アマゾンの電子書籍サービス「Kindle」での販売となります。

どんな内容の本か?もう少し詳しく分からないと買うかどうか決めれない

そんな人の為に、本の内容をより詳細にまとめた記事を書いたので興味がある方はまずはこちらを見てから検討してください

一般の方向けに「頑張りすぎない介護」をやってもらう為の本もkindleで作成しました

自分が倒れるまで頑張りすぎる人の助けになりたいと思い書き上げた、2作目の本になります。
この本の詳細についてはコチラをご参照ください
2冊とも、あの「GAFA」の一角、アマゾンが運営する電子書籍サービスkindleで購入する事ができます。

ちなみにKindle Unlimited(月額定額制の電子書籍読み放題サービス)を利用中の方であれば無料で読むこともできます。

Kindle Unlimitedご利用中の方は無料ですので是非ダウンロードして読んでみてください。

Kindle Unlimitedについて、より詳しく知りたい方はコチラをご参照ください

出版中のkindle本

「孤独になるのが怖い。でも人付き合いも苦手だしどうしていいか分からない」

こんな悩みを抱えている人へ。実は孤独は恐れる必要はない、むしろ夫婦や恋人、親友のような最高のパートナーにする事で今までの悩みが消え、これまでにないくらい人生を楽しむ為の1冊です

孤独死や一人ぼっちの老後など、孤独はネガティブなイメージが多いです。

しかし本当に人生を楽しむ為にはむしろ孤独と仲良くなる必要がある。孤独な時間を楽しむ事ができれば、無理な人付き合いをすることなく人生を楽しめる。その事実を一人でも多くの人に知ってほしい。

そんな思いで書いた4冊目の著書になります

多職種連携が苦手。人間関係を上手くまとめる事できないから、ケアマネ続ける自信が無い

こんなお悩みを抱えているケアマネさんへ。多職種連携を「心理学」という視点から上手くやる為の知識をまとめた本をkindleで作成しました。

ケアマネさんにとって多職種連携は絶対必須のスキル。なぜならこれができないと仕事にならないからです。でも、難しくて上手くできない。これが嫌で辞めていくケアマネさんも多いです。
本書はそんなケアマネさんの救いになればと思い書き上げた、3冊目の本になります。
この本の詳細については、こちらをご参照ください
医療連携が苦手なケアマネ向けにキンドル本も出版してます。

・主治医に連絡や相談するのが緊張してできない
・利用者が入院や退院した時に、病院の医療職との連携が苦手
・在宅の医療系サービスの上手な使い方が分からない
上記のような医療との連携に苦手意識や悩んでいるケアマネは多いです。
特に僕のような福祉系職種からケアマネになった人は、この「医療連携」の壁に必ずぶち当たります。
そんな医療連携で悩むケアマネの人を、一人でも減らし、ケアマネの仕事を自信をもってやってほしい!
そんな思いで本書を作り上げました。
かつては医療連携が苦手だった僕も現在はこんな感じです。
・ケアマネ歴10年以上(居宅の管理者も経験)
・従業員数1000人を超える大手医療法人グループで勤務
・毎日のように医師、看護師、リハビリスタッフと仕事を一緒にしている
・(全老健)リスクマネジャー
ケアマネとして長年の医療職との実際の連携の経験と、連携を上手くできるようにするためにたくさんの本や研修などから学んだ知識を1冊の本にまとめた自信作です。
アマゾンの電子書籍サービス「Kindle」での販売となります。

どんな内容の本か?もう少し詳しく分からないと買うかどうか決めれない

そんな人の為に、本の内容をより詳細にまとめた記事を書いたので興味がある方はまずはこちらを見てから検討してください

一般の方向けに「頑張りすぎない介護」をやってもらう為の本もkindleで作成しました

自分が倒れるまで頑張りすぎる人の助けになりたいと思い書き上げた、2作目の本になります。
この本の詳細についてはコチラをご参照ください
2冊とも、あの「GAFA」の一角、アマゾンが運営する電子書籍サービスkindleで購入する事ができます。

ちなみにKindle Unlimited(月額定額制の電子書籍読み放題サービス)を利用中の方であれば無料で読むこともできます。

Kindle Unlimitedご利用中の方は無料ですので是非ダウンロードして読んでみてください。

Kindle Unlimitedについて、より詳しく知りたい方はコチラをご参照ください

認知症ケア
スポンサーリンク
ケアマネサプリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました